お葬式に渡すことになる香典袋の書き方
知ってそうで知らないお葬式の香典袋の書き方と意味

お葬式に参列する状況によっても変わる香典袋の書き方

お葬式の際の香典袋の表書きはとても重要な意味があります。中身を知らせる意味もありますし、相手の宗教や宗派に対して敬意を払って書くことも大切だからです。お葬式では一般的に御霊前や御香典にすることになりますが、これは仏教だからです。神式の場合には、玉串料や御神前が基本となってきます。

キリスト教の場合には、御花料になりますが、ここで注意しなければいけないのが、カトリックなのかプロテスタントなのかです。厳格なカトリックの場合には、御ミサ料というのも書き方のひとつになりますが、プロテスタントは献花料や忌慰料といった書き方もできるところは違いとなるでしょう。実際にどちらかわからないことも多いはずですので、事前に教会を検索してみるなど確認が必要です。

仏教に関しても、宗派が異なる場合には、どういった書き方をするのか困ってしまうことが出てきます。その場合には、お葬式の時に共通的に使うことができる白無地に白黒か双銀の水引きの香典袋を用意しておくといいでしょう。表書きには、御香典としておけば問題はありません。御霊前としたいところですが、浄土真宗は亡くなった時点で仏様になるため、御仏前にしなければいけないからです。御霊前はキリスト教でも使えるところは覚えておくと安心です。

名前の書き方も重要です。フルネームで書くとともに、会社名などは中心から右寄りにします。役職は中心でフルネームの上に入れます。旧姓で書く場合には、左横に括弧で旧姓を書き込んでおけば間違いがありません。代理で出席する場合には、依頼主の名前を書きますが、代理で出席した旨は伝えます。夫の代理で妻が参列する場合には、夫の名前を書き左下に少し小さく内と書くといいでしょう。

連盟表記することもあるはずです。この時には、最大で3名までと心得ておかなければいけません。これ以上になる場合には、代表者の氏名を書き、左下に外一同とすることが大切です。各順番も大切で、目上の人が中心に来るため右から書かないように間違わないようにしなければいけません。

ページの先頭へ戻る