お葬式に渡すことになる香典袋の書き方
知ってそうで知らないお葬式の香典袋の書き方と意味

お葬式における香典袋の書き方の基本

お葬式の時には、マナーを損なわないようにすることが大事な意味を持ってきます。間違いましたでは済まないことも出てくるため、香典袋の書き方も気を配って正しく書く必要があります。基本として、香典袋の表の上段に表書きを入れます。下段には名前を入れることになりますが、中袋を出して管理することも出てくるため、中袋にも住所と名前を書き入れることを忘れてはいけません。金額の記入欄がある場合にも必ず書き入れておきます。これで管理ができるようになることは、相手の手間を減らすためにも必要な措置となるからです。

書き方としては毛筆で書きこむことになりますが、基本は薄墨です。涙で薄くなったといわれていますが、悲しみを表すために使われることになります。ボールペンや鉛筆で表書きを書くことは大きな問題となってしまうでしょう。ですが、中袋に関しては、情報としての記入になるため、ボールペンでも問題はないとされています。中袋に書く際にも、しっかりと読めるようにすることが大切です。読みやすく書かなければ、受け取る方は苦労します。

香典袋の書き方で大事なことが、スタンプを使う方法でしょう。薄墨が基本ということは大切ですが、読めるようにしなければ意味がないため、字がうまくないと思っている人の中には活用している人もいるのではないでしょうか。ですが、気持ちという部分では、手書きが重要になってきます。遺族の中には気にされる方がいる場合もあるので、重要な場面では手書きの方が無難です。逆に企業としてかなり長い名前を書き入れるといったときには、スタンプをうまく使ってみるのも方法の一つです。ケースバイケースで考えておかなければいけないところになるでしょう。

表書きで重要になるのは、お葬式は御霊前が基本です。御香典、御香料といった言葉でも問題がありませんが、一般的に亡くなられて四十九日までは霊であり、この世に存在しています。四十九日を過ぎて仏になるとされているため、御仏前になるところが重要でしょう。ただし、浄土真宗に限っては、亡くなったらすぐに仏になるとされています。そのため、先に確認が必要です。

ページの先頭へ戻る