お葬式に渡すことになる香典袋の書き方
知ってそうで知らないお葬式の香典袋の書き方と意味

お葬式に渡すことになる香典袋の書き方

お葬式になると、香典袋を用意しなければと思うはずです。書き方も考えることになりますが、なぜ必要なのかというところからスタートしていかなければ、中の金額も決まらず、香典袋の種類もどうしていいのかわからなくなってしまいます。本来、香典とは、故人の遺族に対して、お葬式を行う上でも経済的な支援をするという意味で渡すものとされています。決まりごとがあるのも、気持ちを表すだけではなく、支援としてのマナーも出てくるところがポイントになってきます。

香典という意味は、線香や花代わりに備える金品を意味します。香料と呼ばれることもありますが、香は線香を意味しているところまではわかりやすいでしょう。典は御供えという意味を持っています。お供えではありますが、通夜か告別式の際に遺族に手渡しするというのが、基本となる流れです。訃報を受けて用意することになりますが、急なことになると用意できないことも当然出てくることになるでしょう。実際に通夜で渡すことができなくても、急ぎ駆け付けるという意味では失礼なことではありません。お葬式の時に手渡しすれば問題はないからです。ただし、やってはいけないこととして、額が間違っていること、足りなかったと思って追加で持っていくことは、縁起が悪いとされています。2度渡すとなれば、不幸が重なるという意味につながってくるところが問題視される部分です。

香典袋は、相手の宗教や宗旨に合わせていかなければいけません。自分たちの宗教や宗派で選択するものではないからです。行われるお葬式の宗教や宗派がわからないと書き方も考えることができなくなるため、事前に確認が必要になる点は注意しなければいけません。宗旨や宗派によって香典袋を使い分ける点はいろいろとありますが、仏教の基本となってくるのは白無地を使うところにあるでしょう。一般的にイメージしているものでほぼ間違いはありませんが、水引などにも注意が必要ですし、表書きにも違いが出てきます。いったいいつ渡すのかといった時期についても、変わってくることは十分配慮しなければいけません。それも宗教宗派によって変わってくるということも理解しておくべきでしょう。

香典袋は大事な場面で渡されることになります。経済的な支援ということでは、どういうタイミングや形であっても渡せればいいという視点になりますが、これは間違いです。失礼になったりしないように配慮するためにも、書き方などは大切なので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お知らせ

【2018年10月12日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る